スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関家餅つき大会

長丘1丁目の母宅、広い庭に納屋があり、そこに餅つき
一式の道具が格納してあり、早出の人たちが準備を整えて
下さった、

前日には御婦人の皆さんがもち米研ぎを済ませてもらっていたので
午前9時過ぎから搗き始めた。一家総出、親類一同、そしてご加勢人
と総勢で20余命、子供、幼児ととても賑やかで、いい雰囲気。

蒸籠に米を淹れる人、羽釜で蒸す人、蒸しあがった米をほウスに運ぶ人
、搗き始めは3人で、ある程度餅になった時点で、一人搗きする人と混ぜる人
コンビよくつきあがり、ちぎり台では、御婦人の皆さんが、小餅
鏡餅などに揉み合わせする。

子供や幼児゛もせがんで、杵つき、大人の手助け、よろこんで、杵
を振りおろしていた。

途中で、大根おろし餅ちの振る舞い、黄粉持ちも途上、加えて
柏飯、カレーライスも貢がれた。

餅が皆の心を一つに束ね、年末風物詩とはいえ、関家の結束の
象徴といえる、加えて侯天気、心地よい一日になった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。