スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸島高校の強度歴史博物館

生憎の冷たい雨だったが、一行午7名(私と家内・末金夫妻・長男一家3人)
午前10時40分に糸島市の糸島高校に着いた。次女が勤務する糸島高校
博物館の鑑賞の勧めがあって、企画した小活動としての行動です。

 一高校の博物館、本格的なものとは思っていなかった。学校の歴史
の類だろうと考えていた。

 校庭内に本格的な建物、3階に案内してもらって、驚いた、学校に関してでなく
広く糸島の郷土の博物館、博物館法に基づく博物館相当の指定を受けてから何と
60年経過、縄文時代以来の紹介品があり、弥生時代~古墳時代のの展示品は
古代のこの糸島の人々の生活実感をみなぎらせる貴重な、そして重要な品
と改めて認識した。

しかも国内の全高校の中で唯一の高校博物館、その上公式認定で、、しかも
長い歴史ある博物館、先輩・在高校の生徒と教師一体となった公式博物館、燦然と輝く
郷土博物館、すばらしい賞賛のことばに尽きる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。