スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤

1985年糸島郡今宿村に生まれた伊藤野枝、7人兄弟の4番目
長女、父親は海産物の販売よろずや「」を営んでいたが、おもわしくなく
く口減らしのため叔母のところに預けられる。

 母ムメば農科の手伝いなどの収入で家計を支えていた。父亀吉は
海産物に商いから瓦職人に転じたが、元来不精の性格から、稼ぎが悪く
家族の不満があった。

野枝は小学校卒業後今宿に戻り、郵便局に勤め始める。その時に
亀吉の妹が嫁いでいる代準介が今宿に来て、東京の事を聞いて上京をお願いするも
ノーといわれ、懇願してひとかたの人物となり恩を返す」の詩に心を託し、懇願
を続けた、代氏は熱意にほだされて、東京に連れてゆくく。

 生活の苦体験から、社会改革活動にじることになり、、女性解放運動のに
情熱を注ぐことになるが、悲運の生涯になるが、女性解放の先駆者として
の活動が今でも称えられている。

今月の22日、法人会日帰りバス研修で、野枝の生家の跡地を訪ねるので、
社内解説のため今日一日勉強する。
詳しく調べた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。