スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市長の出前講座

長丘公民館の講堂、15時30分から17時15分の市長出前講座、まず
自治協議会の田中会長の゜あいさつで、共創のまちづくりに言及、市長の
本日の基本理念として同館、社会のネクストを基本に話が進んだ。

小ボードに絵ががれた、テーマ説明描画、分かりやすく、しかも
参加者に発言を求めながらの手法は、今までないすばらしいやり方
緊張感をもって聞き入った。

阪神・淡路大震災で、公的救命助はなんと、1.7%。大半が、自力・近所と
家族だった。高齢化の問題10年後は4人に一人の高齢者社会、市の財政で
義務式支出の増大、政策的支出の制約、租税の収入アップはみられるが、経済効果として
顕著なのが、クルーズ船の寄港、ことしは350隻、1750億円の経済効果あり。

健康予測システムで久山町の九大との連携で、エビデンス(因果関係究明)、30年に亘る
克明な分析で、履病とその原因の探求は、世界的に注目されている。

 最後に、2020年のオリンピック後の2024年を展望した、全国の先頭に立つ
福岡市を目指す心意気に注目した。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。